【gallery HINGE】井上聖太 個展 「お花畑からみつけて」

目次

井上聖太 個展 「お花畑からみつけて」
写真とドローイングを重ね合わせて日常の風景に新たな世界を紡ぎ出す—、
コロナ禍を機に作品を発表する南さつま市出身の井上聖太 初個展。

鹿児島市加治屋町のgallery HINGE では、鹿児島県南さつま市出身の芸大生 井上聖太による個展「お花畑からみつけて」を行います。
これは井上聖太初の個展で、この 1 ヶ月内に制作した新作を紹介いたします。
井上は、2020 年に加世田高等学校を卒業し、2021 年に東京藝術大学に入学。美術学部絵画科で油画を専攻していますが、「浪人をした 1 年と大学に入学して 1 年コロナ禍の渦中 で過ごし、極端に展示の機会が失われたため私自身で動かなければいけない状況」であったと感じ、弱冠 21 歳にして井上自身の 強い意志により本人が企画するものになります。
井上の作品は世界の輪郭を掴むゆるやかなドローイングと日常風景を納めた写真が重なる作品が多く、リアルとヴァーチャルを 多層的に行き来することが日常となった現代の我々の心を惹きつけることでしょう。
作品写真:井上聖太「drawing お花畑からみつけて」

〇概要
タイトル:井上聖太 個展「お花畑からみつけて」
会 期 :2022 年 3 月 26 日(土)〜30 日(日) 11:00-18:00 ※最終日は 16:00 まで
会 場:gallery HINGE 鹿児島市加治屋町 1-7 山崎ビル 207 (第二柿本寺ビル)*「ぶえんもゆかり」左側の階段上って 2 階左奥
入 場 料 :無料
本展のお問合せ:井上聖太 kodokase1105@gmail.com
協力:galley HINGE


作家プロフィール:
井上聖太
2001 年生まれ 鹿児島県南さつま市加世田出身 2020 年 鹿児島県立加世田高等学校卒業
2021 年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻
2021年 グループ展「35°43ʼ10.4”N139°46ʼ13.8”E」
日常で生活している中にある物事を絵画にとらわれず様々な素材で日々実験している。 ・猫と遊ぶのが好き

gallery HINGE(ギャラリー・ヒンジ)とは


2021 年 9 月にオープンした 20 平米のギャラリ ー。部材と部材との継ぎ目を指す言葉「HINGE」 のようにさまざまな領域の継ぎ目となる表現の場を 目指しています。
お問合せ:gallery.hinge.kagoshima@gmail.com
photo.リアライズ

*イベント等は SNS でお知らせします。
Facebook: https://www.instagram.com/gallery.hinge/
instagram:https://www.facebook.com/gallery.hinge.kagoshima

▼プレスリリース公開連絡先
本展のお問合せ:井上聖太 kodokase1105(アットマーク)gmail.com

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる