【鹿児島情報高等学校】鹿児島情報高校「鹿児島盛り上げ隊」が内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」の優良事例に選定!!

鹿児島情報高校 情報処理科の3年生83名が所属する 「鹿児島盛り上げ隊」の取組みが、内閣府が主催する「地方創生SDGs官民連携プラットフォームの優良事例」に選定されました。

【鹿児島盛り上げ隊について】
鹿児島盛り上げ隊は、鹿児島の魅力を高校生目線でSNSを利用して世界中に発信する活動です。
Instagram https://www.instagram.com/ka_joho/?hl=ja
Twitter https://twitter.com/kagoshimamori

活動目的
①高校生がSNSを活用した地元PR活動を通すことで若者の地元定着に繋げる
②高校生が地元のあらゆる魅力をPRすることで地域の活性化に繋げる

【地方創生SDGs官民連携プラットフォームについて】
内閣府では、SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、官民連携の場として、「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」を設置しています。

【 官民連携 優良事例の選定について】
同プラットフォームにて、全国から71件(会員間連携部門29件、一般連係部門42件)の応募がありました。
一般連係部門に応募した鹿児島盛り上げ隊は、1月14日に開催された、「地方創生 国際フォーラム2022」にて、この優良事例に選定(各部門3組選定)されました。

【このプレスリリースについてのお問い合わせ】
鹿児島情報高等学校 道宮(みちみや)義博 (活動時間)平日8時~17時
TEL:099-268-3101(代表)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる