【新原製茶】お茶の電話通販サービス「鹿児島、お茶の時間のお届け便」を12/10(金)より開始


老舗製茶問屋「新原製茶グループ」が、
お茶の電話通販サービス「鹿児島、お茶の時間のお届け便」を12/10(金)より開始します。
今だからこそ鹿児島を、日本一の鹿児島茶で元気にしたい!

 この度、「すすむ屋茶店」を運営する、株式会社すすむ商店と新原製茶株式会社(以下、新原製茶グループ)は、日本一の茶産出額を誇る鹿児島から全国へ、鹿児島茶を配送するサービス「鹿児島、お茶の時間のお届け便」を開始いたします。

 第一弾として、新原製茶グループ全ての鹿児島茶を電話一本で購入することができる専用カタログ「鹿児島、お茶の時間お届け便」を発行、12月10日(金)から希望店舗に配布。老舗製茶問屋だからこそできる高品質のお茶を日常価格でお届けいたします。

【開発ストーリー】

■サービスのきっかけは新型コロナウイルスの流行。

 ご承知の通り、私達人類は2年もの間、新型コロナウイルスの流行により自由を奪われ、これまでに経験することはなかった「不安」や「孤独」を味わいました。

 私共にとっても例外はなく、緊急事態宣言による休業でお客様にお茶をお届けする場所を失いました。

 そんな中、希望を持つきっかけとなったのがお客様からのお電話でした。「お店に買いに行くことが出来ない。いつものお茶を届けてほしい。」と。それが「鹿児島、お茶の時間のお届け便」サービス開始のきっかけとなりました。

■1人暮らしのお婆ちゃんを救いたい。だから最初に電話を選びました。

 新型コロナウイルスの流行により、最も孤独を味わったのは、「1人暮らしのお婆ちゃん」ではないでしょうか?買い物に出れない。インターネットを扱うことができない。子供や孫に会うことができない。

 そういった状況だからこそ、誰でも扱うことの出来る電話での注文を開始いたしました。

【サービス内容】

 誰でも使える「電話」に特化した、鹿児島茶の電話注文カタログの発行。及び受注、発送。鹿児島茶を知り尽くした専門クルーがお客様の声を聴き、お客様に最適な鹿児島茶をお届けします。

【今後の展開】

 今後はDX化を進め、オンライン通販、テレビ電話の導入等、段階的に様々なDX投資をおこなって参ります。

 将来的には過疎地域訪問なども含め、無くてはならないお茶の時間のインフラ企業を目指し、鹿児島茶が持続可能なものとなる様努めてまいります。

【会社概要】

会社名:新原製茶株式会社
所在地:〒891-0122 鹿児島県鹿児島市南栄3-11
HP:https://shinbara.co.jp/
事業内容:製茶卸売業

会社:株式会社すすむ商店
所在地:〒890-0052 鹿児島県鹿児島市上之園町27-13
HP:https://susumuya.com/
事業内容:日本茶小売業

代表取締役:新原 光太郎

【本リリースに関するお問い合わせ先】

会社名:新原製茶株式会社
担当者名:新原 圭史郎
TEL:099-268-6131 FAX:099-268-8428
E-Mail:shinbara_keishiro(アットマーク)shinbara.co.jp

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる