【日置市】「ネオ日置計画」発表会

目次

「ネオ日置計画」発表会
温故知新。戦国島津ゆかりの街が、
歴史と未来の融合で地方創生に挑みます!

開催日時  令和4年8月8日(月)午後8時00分
場  所  よしとし軍議場(屋内)
      鹿児島県日置市日吉町吉利3067-1

関係人口創出事業「ひおきとプロジェクト」は、令和3年10月21日のWEBサイト「ひおきと」のリリースに合わせスタート。市外にお住まいの方とゆるぅ~くつながる取組を行っております。

そして今年、この「ひおきとプロジェクト」のWEB戦略の柱として、今まさに注目が集まる仮想空間サービス「メタバース」を活用することといたしました。

その名も「ネオ日置計画」

ネオ日置計画とは「ひおき」を想う多くの方を巻き込み、メタバース上に「もうひとつの日置」を作り上げようというものであります。
今回は、この計画を多くの方に知っていただくことを目的に、報道機関への情報発信とYouTube生配信を行うものです。

今回の発表会のコンセプトは、古(いにしえ)と未来のギャップ。全世界が注目する「メタバース」という新しいサービス参加発表会を、コテコテの戦国時代の世界観で行います。

【背  景】
 本市は島津義弘公を含む戦国島津4兄弟を輩出するなど、「戦国島津※1」とゆかりの深い街です。
※1.戦国期の島津家。分家(伊作家「日置市」)が本家を継承し活躍。
戦国期以降の薩摩における精神的支柱「日新公いろは歌」は、本市ゆかりの武将島津忠良「日新公」が作り上げたもので、その冒頭「い」の歌

「いにしへの道を聞いても唱へても、わが行ひにせずばかひなし(学ぶ・知るだけではなく実行することこそが大事)」

が、本計画においても精神的支柱となっています。「新しい技術やサービス」を知るだけでははく、効果が見込めるものであれば、スピード感を持ち「検証・模索・実行」に移すこととしています。

YouTube生配信につきましてはは、YouTubeチャンネル「ひおきとTV」にて実施します。

ぜひ、多くの方に知っていただき、ひおきを想う多くの方とともに「ネオ日置計画」が進められますようご協力をお願いいたします。

【事務局】
日置市総務企画部地域づくり課定住促進係 重水
TEL:099-248-9408  MAIL:teiju@city.hioki.lg.jp

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる