【末重製茶】創業100年目の節目に「霧島茶・さつま縁起物」シリーズ新発売!

目次

創業100年目の節目に「霧島茶・さつま縁起物」シリーズ新発売!
コロナ禍中に着想、再びの鹿児島・霧島旅行客に向けて

有限会社末重製茶(代表:末重良規、霧島市)では、コロナ禍での思いがきっかけとなり、創業から数えて100年目の節目となる2022年、霧島茶の新シリーズ「さつま縁起物」を発売いたしました。

●きっかけはコロナ禍で観光客が減った霧島
———————————————–
2020年春に始まるコロナ禍で、観光地・霧島を訪れる観光客も大幅に減りました。いつもと違う霧島を見るうち、観光客の方々が再び霧島に来訪された際に、新しいお土産でお迎えしたいと思ったことがきっかけです。

●商品構成は一煎タイプ5つと箱入りセット
———————————————–
2021年秋から検討を具体化、商品企画やデザインを進めました。霧島茶の多様な飲み口を体験していただくため、味わい豊かな緑茶・ほうじ茶・水出し茶の3種を、リーフ(茶葉)・ティーバッグで構成しました(詳細は次頁)。

●100年の経験から「会話がうまれるお茶」を
———————————————–
①リベンジ旅行はじめ霧島・鹿児島への観光客の方のお土産に
②県内の方には手土産やプレゼントに
お渡しいただく際に「霧島に行っていたのよ。ミヤマキリシマがきれいだった!桜島が雄大だった!」や、「少しずついろんな味を楽しんでね」といった会話が、お茶を介して生まれることを願っています。

●商品情報
———————————————–

●販売場所
———————————————–
【ネット】末重製茶オンラインショップ
https://www.sueshige-tea.com/tea_category/engimono/
【店舗】かごしま特産品市場・かご市(天文館)
住所:鹿児島市東千石町15-21

●会社情報
———————————————–
会社名:有限会社 末重製茶(すえしげせいちゃ)
住所:899-6404 鹿児島県霧島市溝辺町麓563
公式サイト:https://www.sueshige-tea.com/
電話:0995-58-2537

*創業エピソード*
明治時代、川辺から十三塚原(現溝辺町)の一角に開拓者の一人として居を定めた末重仙之焏の孫・実隆が大正12年に製茶業を開始。

*霧島での製茶*
標高270mに位置し寒暖差があり霧が生まれやすく茶の栽培に適した土地。

*受賞歴*
全国品評会での受賞は多く、令和元年は「全国茶商工業組合連合会理事賞」を受賞。

*認証*
KGAP 2009年4月
JGAP 2015年3月
ASIAGAP 2019年3月

〈デイリーサイズ〉


上記の少量セット以外に、
使い勝手の良いデイリーサイズもご用意しております。
  左:ほうじ茶(ティーバッグ10袋入/20袋入)
  中:緑茶(ティーバッグ10袋入/20袋入)
  右:水出し茶(ティーバッグ10袋入/20袋入)

【本リリースのお問合せ・取材手配】
㈱STUDIO K(スタジオケイ)中島
※本商品デザインを担当した鹿児島のデザイン会社です。
電話:099-203-0477

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる